2015年08月19日

ことしのウマブドウの実は小粒です!!

ウマブドウを収穫して、発送を始めましたが
ことしのウマブドウの実は小粒です。
そして、「さび」があります。
「さび」とは実の表面に茶色い筋が多数ある状態をいいます。
鉄が「さびた状態」と似た感じです。

原因は高温と雨不足です。
そのために実が大きくなりませんでした。
そして害虫が多く発生しました。
そのために「さび」ができたと考えられます。

ことしは一房あたりの重量が少なく、収量が多く望めません。
そこで18日以降にご注文をいただいた方から「キャンセル待ち」に
させていただいています。

実が小さくても、さびが多少あっても、
効用には問題ありません。

私がかつて磯さんに河原で採った「小粒のウマブドウ」を漬けた
焼酎漬けを見せたところ、「こういうやせた土地でできたウマブドウは効力が高い。」
と言われました。

肥料を与え、水を与え、農薬で害虫や病気を防除すれば
実の大きなきれいなウマブドウができます。

実際私のところでも、ブドウ畑や果樹園のそばにあるウマブドウは
きれいで大きなウマブドウです。

薬草ですのでできれば、無農薬で育てたいものです。
野生のものは、気候によって毎年実の大きさや
さびの状態が異なります。

そういうわけで、これから注文順に発送をしていきますが
上記の現状をご理解いただき、ウマブドウの酢漬けや焼酎漬けを
作って、健康維持にお役立てください。
2008.9.18umabudou 003a.jpg

ウマブドウの焼酎漬け
馬ぶどう 収穫適期syuku.JPG
posted by ウマブドウ先生 at 23:15| 長野 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

新蜜とれましたぁ〜〜

私は整体をしながら、みつばちを飼い

ウマブドウの普及に努めています。

5月上旬から蜜が採れ始め、今は「アカシヤ」の蜜を採っています。

主に自分が生まれたところや今住んでいるところで

販売しています。

年金暮らしの人にも食べて欲しいので、安くしています。

品質には自信があります。

このブログを読んでいただいている方にも

ぜひ食べていただきたいと思います。
2009.4.23 056tori.jpg


IMGP2785ac.jpg


2009.7.30 083う.jpg



はちみつの種類

りんご  アカシヤ  クローバー   百花(いろいろの花の蜜が混ざったもの)

価格
500gとんがり容器入り   1200円
250gとんがり容器入り    600円
税込み・送料別・12000円以上の場合は送料サービス。

注文方法


メールかファックスで申し込んでください。

ご注文はメールまたはファックスでお願いします。
メールアドレス seitaishi@gray.plala.or.jp

販売品はすべて送料別・消費税込の価格です。
ご不明な点はどんなことでもお聞き下さい。


ファックス・電話 0269−26−3465 

電話 家にいない時が多いので携帯にお願いします。
090−5329−1626


ご注文のときのファックスには
郵便番号・住所・氏名・電話番号・注文品と数量
をはっきりとお書き下さい。
posted by ウマブドウ先生 at 21:59| 長野 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

私がウマブドウの苗を販売する理由

ウマブドウは民間薬であり、昔から使われてきた薬草である。
最近ではネットで検索すると、ウマブドウで作った薬酒や乾燥品、苗を
販売しているところが何件か見ることがある。
しかし、苗を安く販売しているところはない。
苗を売れば、実や葉の乾燥品を買ってもらえないからである。

私は、ウマブドウを普及することを目標にしている。
実も販売しているが、都会に住み、庭や畑がなく、
自分で栽培できない人のためである。

持家で庭があり、畑もあるなら、ぜひ自分で栽培してほしい。
そのために、苗を安く、(2本で1400円・税込・送料別)
販売している。
種は返信用切手を貼った封筒を送ってもらえば、無料で送っている。
野山で見つけたウマブドウで本当にウマブドウかどうか
不安なときは、送ってもらえば無料で鑑定をしている。
栽培方法もパンフレットやブログ・ホームページで詳しく記している。

ウマブドウは自分で作らないで、購入すればいいと思っていても、
今の購入先が、今後ずっと販売してくれるとは限らないのである。

もし鉢植えでもいいから、家にウマブドウがあったら、
親が子に、子が孫に、「これがウマブドウだよ。」
「こういうふうにして、利用するんだよ。」「こんな病気に効くんだよ。」と
伝えていくことができる。
これが民間薬であり、このようにして、今までずっと続いてきたのである。
私はそのためのお手伝いをしているのである。

売っているもののほうが自分で作ったものより効くかもしれない。
あるいは自分で作ったもののほうが売っているのよりも効くかもしれない。
ウマブドウは学者によってあまり深く研究されていない。
本当は詳しく研究されて、がんや肝臓病に効く、
「医薬品」を発見してもらいたいものである。

私は10年間で北は北海道から南は沖縄まで
何千本もの苗を送ってきた。
もう日本でかなりの方が利用され、栽培されていると思う。
これからも、ウマブドウの普及はずっと続けていきたい。

鉢植えでもいいのでとにかく1~2本植えてほしい。
早ければ植えた年に実がなることもある。
2年目には確実に実がなる。
暖かくなり、雪が消え、3月下旬から、苗の発送を始められそうである。
2009.7.4 004.jpg

2008.9.17umabudou 025.jpg

2009.7.4 002a.jpg

IMGP2216.JPG

IMGP2212.JPG

img011.jpg

2008.9.18umabudou 003a.jpg
posted by ウマブドウ先生 at 22:50| 長野 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする