2017年08月20日

ウマブドウの実の収穫を開始しました!!

8月20日からウマブドウの実の収穫・発送を開始しました。

7月ごろは実の生育が悪く、予約をいただいている方へ
送ることができるのか不安でしたが、
ここにきて実も大きくなり収穫できるようになりました。

上記の理由でホームページで今年初めて注文される方の予約受付を
中止していましたが、本日からお受けするようにいたしました。

なるべく早めのご注文をお願いします。
ご注文はホームページの「メール」からお願いします。
直接メールされる方は「seitaishi@gray.plala.or.jp」へ
お願いします。

電話は忙しくて出ることはできませんが、どうしても電話をかけたいという方は
ホームページに電話番号をのせてあります。

自分で採ったはちみつも販売しています。

500g  1200円(税込)
250g   600円(税込)
発送の場合は宅配料がかかります。

ウマブドウの効能や栽培法は私のホームページやこのブログに詳しく書いてあります。
IMGP4481.JPG

馬ぶどう 収穫適期syuku.JPG
posted by ウマブドウ先生 at 21:26| 長野 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

今年も作りました!!

昨年の8月から10月にかけて
自分と家族用のウマブドウの焼酎漬けと酢漬けを作りました。

CIMG4904.JPG


CIMG4907.JPG


CIMG4906.JPG


私は昭和58年から、毎年「ウマブドウの焼酎漬け」を18升と
「ウマブドウの酢漬け」を10升作っています。

1升で約2か月飲めるので、6升あれば1年間毎日飲める。
妻と飲んでも12升あれば十分足りる。
残りの6升は子供や孫、友人の分だ。

残ったら翌年に持ち越せばよい。
35度に漬けた焼酎漬けは3~4年は保存しておいて
利用することができる。

2年ぐらい保存しておけば、味がまろやかになり
飲みやすくなる。

酢漬けは酢に賞味期限があるので
あまり長期間は保存できない。
保存は冷暗所がよい。

私は酢漬けはたくさん作らないで、
ウマブドウの実を冷凍しておいて
酢漬けがなくなりそうになると作るようにしている。

ウマブドウは日本中どこでもできるので
庭や畑のある人は1~5本ぐらい植えておいてほしい。

利用に仕方はこのブログやホームページを見てください。
ホームページにはウマブドウの本も載せてあります。

本は今買えるのは「自分でできる 薬草ウマブドウ健康法」だけです。
この本もまもなく絶版になる可能性があります。
私は子や孫の分まで5〜6冊買ってあります。

最後にウマブドウの焼酎漬けを作るうえでの注意点ですが、
ウマブドウの焼酎漬けは「酒税法」により
自家用の目的でのみ作ることができます。
販売目的や民宿や飲食店での提供(一部緩和された第三者への販売はできません。
詳しくはこちらをご覧ください

合法的に販売するには、製造免許と販売免許をとらなくてはなりません。
販売にあたっては薬事法等にも気をつけなければなりません。

オークションやネットで焼酎漬けを販売されている方が見受けられますが、
税務署から「酒税法」違反で調べられたり罰金を科せられる可能性があります。
「法の不知はこれを罰す。」ということもしっかり頭に入れておきましょう。






posted by ウマブドウ先生 at 21:31| 長野 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

ことしのウマブドウの実は小粒です!!

ウマブドウを収穫して、発送を始めましたが
ことしのウマブドウの実は小粒です。
そして、「さび」があります。
「さび」とは実の表面に茶色い筋が多数ある状態をいいます。
鉄が「さびた状態」と似た感じです。

原因は高温と雨不足です。
そのために実が大きくなりませんでした。
そして害虫が多く発生しました。
そのために「さび」ができたと考えられます。

ことしは一房あたりの重量が少なく、収量が多く望めません。
そこで18日以降にご注文をいただいた方から「キャンセル待ち」に
させていただいています。

実が小さくても、さびが多少あっても、
効用には問題ありません。

私がかつて磯さんに河原で採った「小粒のウマブドウ」を漬けた
焼酎漬けを見せたところ、「こういうやせた土地でできたウマブドウは効力が高い。」
と言われました。

肥料を与え、水を与え、農薬で害虫や病気を防除すれば
実の大きなきれいなウマブドウができます。

実際私のところでも、ブドウ畑や果樹園のそばにあるウマブドウは
きれいで大きなウマブドウです。

薬草ですのでできれば、無農薬で育てたいものです。
野生のものは、気候によって毎年実の大きさや
さびの状態が異なります。

そういうわけで、これから注文順に発送をしていきますが
上記の現状をご理解いただき、ウマブドウの酢漬けや焼酎漬けを
作って、健康維持にお役立てください。
2008.9.18umabudou 003a.jpg

ウマブドウの焼酎漬け
馬ぶどう 収穫適期syuku.JPG
posted by ウマブドウ先生 at 23:15| 長野 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする