2017年11月23日

ウマブドウの焼酎漬け、今年も漬けました。

今年は雨の多い年で、寒くなるのも早い年です。
ウマブドウの葉も寒さで枯れてしまいました。

私は昭和58年から毎年欠かさずウマブドウの
焼酎漬けや酢漬けをつくり毎日飲んでいます。

今年も作り終えました。
私の場合は漬けてから1〜2年おいて、
よく薬効成分を出させ、味をまろやかにしてから飲んでいます。
今飲んでいるのは、2015年に漬けたたものです。

ウマブドウは収穫時期は長野県中野市では7月下旬から10月までです。
当たり前のことですが、実の収穫期以外は漬けることができません。
だから実のある時は余ってもよいのでたくさん漬けておきます。

特に焼酎漬けは35度で漬けるといつまでも飲むことができます。
だから在庫の具合を見ながら今年漬ける本数を調整しています。

ウマブドウの焼酎漬けは「酒税法」という法律により
許可を得た場合を除き販売や譲渡はできません。

写真は今年漬けたウマブドウの酢漬けと焼酎漬けです。
CIMG5123.JPG

posted by ウマブドウ先生 at 22:19| 長野 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

ウマブドウの予約分発送終了

今年の2月から予約をいただいていたウマブドウの実の発送を
27日であと一人を残して終了いたしました。

一人の方は発送日の指定のある方です。

私はウマブドウの利用にあたっては、自分で実を作れる人には
苗木を販売して、自分で栽培・収穫し、自分の実で焼酎づけや
酢漬けを作って欲しいと思っています。

ウマブドウの実は苗木を植えてから2~3年でかなりの量を
収穫できるようになります。

栽培は簡単です。
だから、多くの方が自分で栽培し、自分の実で焼酎付けを作っておられます。

今、実を販売している方は、自分で作る場所がない方か
忙しくて栽培することができない人がほとんどです。

私が実を収穫するところは放任園と呼ばれている
かつては農作物を作っていたが、今はもう何も作っていない畑です。
この畑を「放任園」と呼んでいます。

CIMG5076.JPG

CIMG5066.JPG

CIMG5068.JPG

CIMG5074.JPG

CIMG5073.JPG

この畑はかつてはりんごのわい化栽培の圃場でした。
だからトレリスと呼ばれる棚があります。

そこにウマブドウがからまって高いところに実をつけています。
はしごに上って採るので結構足が疲れます。

とりあえず予約をいただいた皆さまに迷惑をかけず
送り終えたことでほっとしています。

これからは自分用を16升ぐらい漬けてから
冷凍実の収穫に入ります。

生の実もまだ送れますので、欲しい方はご注文をお待ちしています。
ご注文はこちらのホームページからお願いします。

posted by ウマブドウ先生 at 23:04| 長野 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

ウマブドウの実の収穫を開始しました!!

8月20日からウマブドウの実の収穫・発送を開始しました。

7月ごろは実の生育が悪く、予約をいただいている方へ
送ることができるのか不安でしたが、
ここにきて実も大きくなり収穫できるようになりました。

上記の理由でホームページで今年初めて注文される方の予約受付を
中止していましたが、本日からお受けするようにいたしました。

なるべく早めのご注文をお願いします。
ご注文はホームページの「メール」からお願いします。
直接メールされる方は「seitaishi@gray.plala.or.jp」へ
お願いします。

電話は忙しくて出ることはできませんが、どうしても電話をかけたいという方は
ホームページに電話番号をのせてあります。

自分で採ったはちみつも販売しています。

500g  1200円(税込)
250g   600円(税込)
発送の場合は宅配料がかかります。

ウマブドウの効能や栽培法は私のホームページやこのブログに詳しく書いてあります。
IMGP4481.JPG

馬ぶどう 収穫適期syuku.JPG
posted by ウマブドウ先生 at 21:26| 長野 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする