2015年03月23日

「ウマブドウのきざみ」の作り方

きょうは「ウマブドウのきざみ」を作った。
ウマブドウの枝を採ってきて、刻んで作るのだが、
注意する点を書いてみました。

1.野山にあるウマブドウの枝を採ってくる。
  栽培しているウマブドウの木を剪定したものも「きざみ」にできます。

2.採ってきた枝を整理してきれいにします。
 ・ 節から出ている、ひげをとります。
 ・ 新しい枝はよいのですが、古い枝は中が腐ったり  
   黒くなっているものがあるので切って、取り除きます。
CIMG4623.JPG


3.剪定鋏で3Cm前後に切ります。
  大量に作る場合は、ガーデンシュレッダーを使ってもよいです。
  私は下の写真のような機械を使って切っています。
CIMG4619.JPG


4.野山から採ってきたものは、ほこりや土がついているので
  軽く水洗いをします。

5.水をよく切ってから、大きなざるや金ざるなどに
  広げてよく乾燥させます。
  陰干しでなく、直射日光にあててもかまいません。
CIMG4618.JPG

2009.12.26 008.jpg


6.乾燥したら網の袋に入れ、雨の当たらない、風通しの良い日陰に保存します。
  かびない様に注意してください。
  不安な方は「冷凍庫」や「冷凍ストッカー」に入れて保管してください。
  


posted by ウマブドウ先生 at 23:32| 長野 ☀| Comment(0) | 利用法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: