2017年01月11日

今年も作りました!!

昨年の8月から10月にかけて
自分と家族用のウマブドウの焼酎漬けと酢漬けを作りました。

CIMG4904.JPG


CIMG4907.JPG


CIMG4906.JPG


私は昭和58年から、毎年「ウマブドウの焼酎漬け」を18升と
「ウマブドウの酢漬け」を10升作っています。

1升で約2か月飲めるので、6升あれば1年間毎日飲める。
妻と飲んでも12升あれば十分足りる。
残りの6升は子供や孫、友人の分だ。

残ったら翌年に持ち越せばよい。
35度に漬けた焼酎漬けは3~4年は保存しておいて
利用することができる。

2年ぐらい保存しておけば、味がまろやかになり
飲みやすくなる。

酢漬けは酢に賞味期限があるので
あまり長期間は保存できない。
保存は冷暗所がよい。

私は酢漬けはたくさん作らないで、
ウマブドウの実を冷凍しておいて
酢漬けがなくなりそうになると作るようにしている。

ウマブドウは日本中どこでもできるので
庭や畑のある人は1~5本ぐらい植えておいてほしい。

利用に仕方はこのブログやホームページを見てください。
ホームページにはウマブドウの本も載せてあります。

本は今買えるのは「自分でできる 薬草ウマブドウ健康法」だけです。
この本もまもなく絶版になる可能性があります。
私は子や孫の分まで5〜6冊買ってあります。

最後にウマブドウの焼酎漬けを作るうえでの注意点ですが、
ウマブドウの焼酎漬けは「酒税法」により
自家用の目的でのみ作ることができます。
販売目的や民宿や飲食店での提供(一部緩和された第三者への販売はできません。
詳しくはこちらをご覧ください

合法的に販売するには、製造免許と販売免許をとらなくてはなりません。
販売にあたっては薬事法等にも気をつけなければなりません。

オークションやネットで焼酎漬けを販売されている方が見受けられますが、
税務署から「酒税法」違反で調べられたり罰金を科せられる可能性があります。
「法の不知はこれを罰す。」ということもしっかり頭に入れておきましょう。






posted by ウマブドウ先生 at 21:31| 長野 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする