2017年01月09日

ウマブドウ大好き!!5歳の孫

わが家ではウマブドウは常備薬です。
ウマブドウは薬ではありませんが、
5歳の孫はウマブドウを常備薬のように使っています。
打ち身・たんこぶにはこれ!!
IMGP4516aJPG.jpg


これはウマブドウの焼酎漬けをシューと吹き付ける容器に入れたものです。
5歳の孫は元気でいつも走り回り足をぶつけたり、たんこぶをつくったりしている。
そのたびにこの容器をもってきて、シューとしてもらっているのです。
効果はあると思います。

もちろん私も打ち身や筋肉痛、こり、かゆみにはシューとしています。
最近では腕にできた直径8ミリぐらいの赤い斑点ができて、
病院の塗り薬でも効果がなかったので、風呂上がりに毎日シューとしてみたところ、
半年でほとんど目立たないぐらいな薄い色になってきています。

ある保育園では幼児のたんこぶ用にウマブドウの焼酎漬けを
毎年作っていると聞いたことがあります。

打ち身につけると、内出血により皮膚が青くなるの防ぐことができます。
打ち身による影響を軽くして、早く治してくれるようです。

ひざ痛や肩こりにもつけてみてください。

また孫は熱が出たり、風邪の初期にも「じいちゃんのおっく飲む〜。」と言って
ウマブドウの茎を切って乾かしておいたものを煎じたものを、
100〜120mlぐらい飲みます。

そうすると次の朝には熱が下がっています。

ウマブドウの茎を煎じたものは、麦茶のような味で
飲みやすいので子供でもあまり嫌がりません。

わが家では私がみつばちを飼っていますので、
自家産のはちみつを混ぜています。
はちみつには免疫力を高める作用があるので
より効果があると思っています。

孫は元気で4月には1年生になります。

大人は茎の煎じたものでなくても、
ウマブドウの焼酎漬けや酢漬けでも効果があります。
お試しください。

posted by ウマブドウ先生 at 20:59| 長野 ☀| Comment(0) | 効能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする